気を付けなければいけないこと

生理になった場合

永久脱毛は、生理期間中はできません。
生理中は、見た目は変わらなくてもホルモンバランスが乱れて、体質が変わっています。
身体が普段より敏感になっているので、脱毛によりダメージを大きく受けてしまいます。
無理に永久脱毛を受けると肌トラブルが起こるので、我慢してください。

生理になってしまったら、すぐ医療機関に連絡しましょう。
事象を伝えると、生理が終わっている日に予定を変更してくれます。
ちなみに永久脱毛に限らず、美容脱毛ができるエステサロンでも生理期間中の脱毛は受け付けていません。
医療機関で脱毛を受ける際に、前もってスケジュールを決めることが多いです。
その時に生理になりそうな日程を、スタッフに伝えても良いでしょう。

保湿を心がけよう

施術を受けてしばらくするとムダ毛が抜け落ちますが、すぐ次のムダ毛が生えてしまいます。
その時に自分で処理するなら、電気シェーバーを使いましょう。
毛抜きを使って無理に毛を引っ張ると、毛穴や肌に大きなダメージを与えます。
特に施術を受けた後は肌がデリケートな状態になっており、大切に扱わなければいけません。
電気シェーバーなら、負担を減らしながら自己処理ができます。

さらに永久脱毛後の肌は、熱のダメージが残っています。
この時に日焼けをしたり、肌が乾燥したりするともっとダメージが大きくなる上に、肌の潤いがなくなり、肌トラブルが起こります。
ですから施術後は保湿を欠かさず、低刺激タイプの日焼け止めを使うのがおすすめです。


この記事をシェアする